So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)

 安い客室でも1泊5、6万円などと騒がれた外資系ラグジュアリーホテルと価格破壊のビジネスホテルチェーンが席巻した二極化時代も今は昔!? 1人1万円台程度で泊まれる中価格帯ホテルのほどほどのぜいたく感、個性的な空間やサービスがウケている。見栄を張ることに疲れ、節約にも疲れた時代の等身大の癒やしの場とは。

                   ◇

 若葉の茂みからガクアジサイの水色がのぞく、JR水道橋駅近くの「庭のホテル 東京」(東京都千代田区三崎町)の小宇宙のような中庭は、武蔵野の雑木林をイメージ。「半月ほどで景色が変わり、小鳥も飛んできます」と木下彩社長(50)が目を細めた。和の趣というと京風のみやびな演出が目立つなか、ここでは気取らずサッパリ粋な江戸東京風が貫かれている。木下社長は江戸っ子。戦前からこの地で営む旅館の3代目だ。

 戦後、ビジネスホテルとして発展したが、建て替えを機に「非日常のぜいたくさではなく、上質な日常を提供できる東京らしいホテルをつくりたい」と、平成21年5月に開業。そのわずか半年後に発行されたミシュランガイド東京版掲載という“快挙”も達成した。「部屋がそんなに広いわけでもない、夜景がステキというわけでもない。驚きました」と木下社長。

 評価はなぜに? 私も1泊してみた。客室の障子やお茶をいれる鉄瓶などシンプルな和のしつらえが落ち着く一方、窓に面した広いバスタブ、大型ハイビジョンテレビなど設備は最新でメリハリが効いている。心地よく目覚め、グリル&バー「流」の朝食ビュッフェで、契約農家が育てた野菜を凝ったドレッシングや生ハムでいただいていると、朝から白ワインが欲しくなってくる。料理長は神楽坂の有名リヨン料理店から移籍した新鋭と聞いて、なるほど〜!

 木下社長は、江戸東京の良さを伝える「三崎町サロン」を開催。なかでも越川禮子さんの「江戸しぐさ」講座は毎回、九州や関西からも客が泊まりにくる盛況で、今月も50人の定員を10人増やして対応した。「みんなが心地よく暮らすために編み出された江戸町人のさりげない気遣いが今、全国から注目されています。私自身もベタベタするのは好きじゃない。必要とされたときにサッと動けるサービスを目指したい」。こんな東京人らしいサラリとしたホスピタリティも人気の要因と見た。

                   ◇

 東急東横線学芸大学駅から徒歩約10分のホテル「クラスカ」は、この立地で平均稼働率85%を誇る。昭和44年築の老朽化した8階建てホテル「ニュー目黒」がリノベーションされ、飲食施設にギャラリー、店舗を併設したアバンギャルドな施設に生まれ変わった。

 18の客室はおのおの意匠が異なる。ベッドに無数のぬいぐるみがつぎはぎされた作家手作りの客室など、奇天烈なインスタレーションの中での夢はどんな世界か…。

 「ホテルが評価される要素には快適性、飲食、サービス、高級感などがあるが、デザイン性というもう一つの要素でトップを走っている自負がある」とは営業統括の中村明弘マネジャー(35)。

 カラスが針金ハンガーを集めて巣をつくり、新宿副都心、東京タワー、晴れた日は富士山まで見渡せる屋上からの眺めは必見。ディープなリアル東京を感じさせた。

 「安くて寝るだけのビジネスでもなく、高すぎて使えないシティホテルでもない新業態」を掲げ地方都市に9店舗、4月に初めて東京進出した「カンデオホテルズ」など、身の丈出費で楽しめる新勢力が増えてきた。自分らしくくつろげる隠れ家を探してみては?(重松明子)

トラブル防止へ「入所時リスク説明書」を公表―全老健(医療介護CBニュース)
新潟では「角栄流」健在? ネットに頼らず基本はどぶ板(産経新聞)
【2010参院選】滋賀、知事選とダブル選→県議辞職でトリプル選に (産経新聞)
<動画>「ユーチューブ」使い違法配信 中3少年を逮捕(毎日新聞)
JR西、第三者機関設置の方向=賠償交渉で遺族要求―福知山線事故(時事通信)

<陸自>ミサイル誤発射、原因は隊員のミス 群馬・高崎(毎日新聞)

 群馬県高崎市の陸上自衛隊吉井弾薬支処で今年4月、対戦車用ミサイル「79式対舟艇対戦車誘導弾」(全長157センチ、直径15センチ、重さ33キロ)が点検中に誤発射した事故で、防衛省陸上幕僚監部は27日、作業した隊員2人が電源供給を止めるスイッチを押し忘れるなどの単純ミスが重なったことが事故原因との調査結果を発表した。

 調査結果によると、通常の点検では、ミサイルに点検器から電流を流して正常かどうかを確認する。しかし、ミサイルとケーブルの接続部分に導電性の異物が付着していたことを十分確認せず▽点検終了後、電源供給を止めるスイッチを押し忘れ▽ミサイルからケーブルを外す順番を誤った−−という三つのミスが重なったため誤発射が起きたという。

 火箱芳文・陸上幕僚長は「誠に遺憾。特に周辺住民の方々に不安を与え、おわびを申し上げたい」と陳謝した。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
傷害容疑:女装して女湯、ばれて暴力 防衛省技官を逮捕
千歳基地:電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕
防衛省:試験さらに出題ミス
日米会談:両国防衛相、緊密な連携で一致
北沢防衛相:訪米 国防長官と普天間移設で詰めの協議へ

「HIV検査を受けに行こう!」蒼井そらさん厚労省で訴え(産経新聞)
<事業仕分け>宝くじ普及宣伝など28事業検討 後半2日目(毎日新聞)
タクシー運転手殺害 メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)
太陽電池パドルが展開=金星探査機「あかつき」―宇宙機構(時事通信)
早朝、マクドナルドに強盗9万円わしづかみ 京田辺市(産経新聞)

比の女の偽装結婚関与の疑い、山梨県職員逮捕(読売新聞)

 甲府市内のフィリピンパブの女性従業員の偽装結婚に関与したとして、山梨県警は14日、県富士工業技術センター研究員の河野正紀容疑者(45)(甲府市高畑)ら2人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕した。

 発表によると、ほかに逮捕されたのは、パブホステスでフィリピン国籍のムラナカ・ノーレン・フェルナンデス容疑者(22)(同市中央)。

 2人は昨年1月16日、同市役所に、フェルナンデス容疑者と同市内の日本人男性(29)との虚偽の婚姻届を提出し、男性の戸籍原本に不実の記録をさせた上、正しい戸籍簿の原本として供用した疑い。県警は、この男性についても同容疑で書類送検する方針。

 調べに対し、河野容疑者は「好意がある者同士の結婚で、偽装ではない」と供述しているという。

介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)
内閣委員長解任案を否決=衆院(時事通信)
防衛相、県内移設方針を伝達=沖縄知事「しっかり説明を」−普天間(時事通信)
通り魔、女が8歳女児刺す=殺人未遂で逮捕―大阪府警(時事通信)
ラブホテルに2人組刃物強盗 奈良・香芝(産経新聞)

交番ガラス割られる 大阪・西淀川(産経新聞)

<若年認知症>全国組織5月発足 家族らの負担軽減目指し(毎日新聞)

 若年認知症患者の家族らによる初の全国組織「全国若年認知症家族会連絡協議会」(全国協議会)が5月、発足する。働き盛りや子育て世代で認知症になると経済面など家族への影響が大きいが、支援は乏しい。各地の家族会や支援組織など23団体が参加する見通しで、本人や家族が安心して暮らせる施策の充実を求めていく。

 厚生労働省によると、18〜64歳の認知症は推計約3万7800人。40〜50代で発症すると失職に追い込まれ、住宅ローンや教育費を払えず自己破産に至ることもある。高齢者より進行が早いが、障害年金の給付には初診から1年半かかる。

 全国協議会は障害認定までの期間を短くしたり、生命保険で住宅ローン残高を支払える高度障害の対象とすることなどを国や関係団体に要望。啓発活動にも取り組む方針だ。事務局となるNPO法人・若年認知症サポートセンター(東京都)の宮永和夫理事長(新潟県南魚沼市立ゆきぐに大和病院長)は「地域ごとに支え合ってきたが、国の後押しがないと状況は変わらない。声を一つにして社会を動かしたい」と話す。

 5月23日に東京都内で役員会を開く。問い合わせは同センター(メールsupportcenter@star2003.jp、ファクス03・5368・1956)。【清水優子】

【関連ニュース】
若年認知症:下関の家族会がバスツアー、菊川の交流施設を訪問 /山口
若年認知症家族の会:悩みなど支え合い…交流呼びかけ あす、バスツアー /山口

<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)
橋下新党旗揚げ「大阪府域内で大戦争となる」(産経新聞)
茨城空港に初の国内線就航 スカイマーク神戸便(産経新聞)
<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)
「本当は二大政党の発展が…」福岡知事、新党ブームを批判(産経新聞)

火災 鴻臚館跡調査事務所が半焼 一部出土品被害か 福岡(毎日新聞)

 15日午後7時半ごろ、福岡市中央区城内の鴻臚館(こうろかん)跡調査事務所から出火、プレハブの平屋事務所約125平方メートルを半焼した。けが人はいなかったが、発掘調査の出土品の一部が焼けた可能性がある。14日早朝には、約500メートル離れた福岡城跡の「名島門」でも不審火があり、福岡・中央署が関連性を調べている。

 同署や市教委によると、出火当時は無人で、火の気はなかったという。建物には平日は職員ら4〜5人が常駐しており、15日は午後5時40分ごろ、職員がシャッターに鍵をかけて警備会社に連絡した後、帰宅した。異常はなかったという。約2時間後、散歩中の女性が建物から煙が出ているのに気づき、119番した。現場に立ち入った福岡市職員によると、火は外側の壁づたいに燃え上がり、天井を伝って広がった可能性があるという。

 鴻臚館は、飛鳥時代から平安時代の約400年間、大陸からの外交使節らをもてなした「古代の迎賓館」。京都や大阪にもあったとみられるが、87年に平和台球場の外野席改修工事で遺構が見つかった福岡だけ場所が特定できた。福岡市は同年冬から発掘調査を始め、現在も継続中だ。

 事務所は発掘調査や報告書作成のため、資料や遺物を一時保管したり、欠けた遺物の修復作業をするために建てられた。

 市教委は事務所に保存していた資料の内容を確認中だが、これまで蓄積してきた24年分の資料の一部が被害に遭った可能性がある。少なくとも出火当時は、昨年から今年にかけて出土した瓦や中国の陶磁器の一部など複数の出土品が保管されており、測量図面や出土状況などを記した資料も保存されていたという。

 市教委によると、被害に遭ったのは事務所奧の倉庫部分とみられる。倉庫部分には91〜92年ごろの出土品を入れたプラスチックのコンテナ約500個が置かれていたが、溶けているのが確認された。また、発掘現場の測量図は消火作業中に水をかぶったという。

 火災の一報を受け、市教委は慌ただしく対応に追われた。名島門に次ぐ「第2の火災」発生に、職員は「外からの火か」「どうなってるんだ」といらだちを募らせていた。【鈴木美穂、門田陽介】

【関連ニュース】
ライター火災:回収を検討 福島担当相
火災:灯油まきライターで火 62歳女性死亡 大阪
火災:強風で8棟焼き延焼中 札幌
火災:民家全焼 女性1人死亡 岐阜・各務原
住宅火災:2人が死亡…長野・上田

保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)
衆院国交委が日航本社視察=経営陣「状況改善」と説明(時事通信)
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連(毎日新聞)
中学教諭が酒気帯び事故「警察に言わないで」(読売新聞)
<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)

普天間「県外軸に機能移転」官房長官、沖縄県議会議長に(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の移設問題をめぐり、平野博文官房長官は12日午前、沖縄県議会の高嶺善伸議長と首相官邸で会談し、移設先について「県外を軸に、沖縄県民の負担を軽減し、危険性を除去するとの考えで今、政府も動いている」と述べ、普天間の基地機能を県外に移す方向で政府が検討していると伝えた。

 高嶺氏は米自治領北マリアナ連邦のサイパン、テニアン両島への移設に言及したが、平野氏は「現時点では難しい」と、政府案に盛り込むことに否定的な見解を示した。

 普天間の県外移設先については、鹿児島県の徳之島などへの分散移転が有力視されているが、平野氏は同日午前の記者会見で「機能の何を県外に出すかは調整の中にある」として具体的な移設先への言及は控えた。米国との実務者協議が先送りされ、移設問題の5月末の解決が困難視されることには、「あくまでも政府としては5月末までに決着を図る」と強調した。

 一方、核安全保障サミットでオバマ米大統領と非公式に会談を行う鳩山由紀夫首相は同日午前、「5月末までに結論を出すため協力をお互いにしていこうとは申し上げたい」と述べ、米側の協力を呼びかける意向を示した。首相官邸で記者団に答えた。

【関連記事】
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで
普天間 米大使、地元合意に懸念表明 実務者協議先送り   
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」
社民、普天間移設でテニアン市長らと意見交換
「私も毎日切られてます」 首相がぼやき
外国人地方参政権問題に一石

緊急走行中のパトカーがトラックと衝突、警官2人がけが(産経新聞)
伊蔵・魔王…幻の焼酎、無免許ネット販売で摘発(読売新聞)
大麻所持で関西外大生逮捕=自宅で下着の中に−兵庫県警(時事通信)
<首相・閣僚会見>(2)ネットメディアの有力コンテンツに(毎日新聞)
山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か(読売新聞)

概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)

 安藤隆春警察庁長官は1日の記者会見で、国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効後、警視庁が捜査結果概要を公表したことについて「治安に重大な影響を与えた事件であり、説明責任など、公益性にかんがみて公表に踏み切ったと理解している」と述べた。
 解決に至らずに時効を迎えたことに対しては「事実を重く受け止め、これまでの捜査をしっかり検証してほしい」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
警察庁長官銃撃を不起訴=「特定至らず残念」

<もんじゅ>運転再開に反対声明 原子力工学専門家ら33人(毎日新聞)
<参院選>「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
参院選公約、消費増税前面に=両院懇で意見−自民(時事通信)
園田氏が離党届提出 自民前幹事長代理(産経新聞)
自民幹事長代理に河野氏 執行部刷新は否定 「中途半端」の批判も(産経新聞)

参院茨城に2人目・長塚氏擁立、小沢氏押し切る(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は1日、国会内で党茨城県連代表の大畠章宏衆院議員と会談し、夏の参院選の茨城選挙区(改選定数2)に、同党の2人目の公認候補として、アテネ五輪自転車競技銀メダリストの長塚智広氏(31)を擁立する考えを伝えた。

 県連は別の男性弁護士の公認を求めていたが、小沢氏が押し切った。

 小沢氏は大畠氏に「長塚氏は党本部主導で選挙を行う」と述べ、既に公認済みの郡司彰農水副大臣を支援する県連とすみ分けを図る考えを示した。大畠氏は会談後、記者団に「不本意なのは事実だが、公認権は党が持っており、決定についてうんぬんと言うことは難しい」と語った。

 これで、民主党は12ある2人区のうち、社民党と国民新党が候補者を立てる新潟、広島を除くすべてで、2人擁立が決まった。小沢氏は2日に選挙区と比例で計10人前後の2次公認候補を発表する。

 今後は、東京選挙区(改選定数5)の3人目、大阪選挙区(同3)の2人目に向け、最終調整を行う考えだ。

 地方組織などからは小沢氏に反発する声が上がっているが、鳩山首相は1日、首相官邸で記者団に「小沢氏の方針だから2人擁立する。2人当選に向けて全力を尽くす以外にない」と語った。

自民参院候補にネット殺害予告=脅迫容疑で34歳男書類送検へ−警視庁(時事通信)
大阪モノレールでポイント故障(産経新聞)
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」(産経新聞)
自民参院候補にネット殺害予告=脅迫容疑で34歳男書類送検へ−警視庁(時事通信)
<威力業務妨害容疑>私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。